私は18歳で短大を卒業して、その後OLになりました。親元から会社に通っていたのですが、社会人になったにも関わらず、親はいつまでも私のことを子どもだと
思っていて色々うるさく言うことに対して腹が立っていました。
ある時喧嘩をして、もうここにいたくないと思い家出をしました。でも私にはどこにも泊めてもらうあてがありませんでした。
途方に暮れた私が思いついたのは、神待ちを利用することです。

 

 

神待ちを利用したことはありませんでしたし、知らない人と会うことに抵抗はありましたが、その時には家に帰りたくないという気持ちの方が強かったです。
ワクワクメールを利用して相手を探しました。しばらくして返事があった相手は、30歳の社会人の男性でした。
私はその人と神待ちをすることにしました。

 

 

待ち合わせ場所で彼を待っていると、いかにも真面目そうな男性が私に近寄ってきました。その男性が神待ちの相手でした。
私たちは近くのファミレスで食事をして、色々なことを話しました。彼はあまり話が得意でなかったので私がリードする形で、仕事のこと、今回神待ちを
利用しようと思ったことなどについて話しました。

 

 

私たちは彼のアパートに移動しました。部屋に入っても彼はなかなか私に手を出して来なかったので、「ただで泊めてとは言わないから、いいよ」と言いました。
彼は興奮しながら、私の服を脱がせてきて、身体の関係を持ちました。
恋愛感情がない相手とエッチしたのは初めてだったので、不思議な気持ちがしました。彼は女性経験があまりないようで、私とのエッチにかなり興奮しているという
感じでした。

 

 

私は翌朝、彼のアパートから会社に通勤しました。
こんなことをしていつも通り会社に行き働くなんてと、自分でもおかしいなと思いました。
神待ちを初めて体験しましたが、初めて神待ちをした相手が穏やかな人で良かったかなと思いました。
もしも嫌な相手だったら、私はすぐに逃げて帰っていたかなと思いました。

 

 

未婚、女性、20歳、OL